【ギフ_包装】 DAIKEN RSバイザー RS-D型 D700×W2500 アルミ+ポリカ製 (ステー無) オーニング、シェード




ナイキ エアフォース 1/1 コズミック クレイ 24.5cm Nike Air Force 1/1 Cosmic Clay CZ5093-100 安心の本物鑑定。

私は、月に1回の頻度で、栽培しているマンゴーの樹を1本1本、同じ位置から成長の記録として写真に残すようにしています。

本日のブログは、この写真での栽培記録が、私の中で、もの凄く役立っていますので、紹介したいと思います。


 

 

【ギフ_包装】 DAIKEN RSバイザー RS-D型 D700×W2500 アルミ+ポリカ製 (ステー無) オーニング、シェード

「論より証拠」で、まずは、幼木の成長の記録を見てみることにしましょう。

こちらの幼木は、他のマンゴーの樹とは、別に後から定植し直したものとなっています。

 

2014年(平成26年)1月の様子

I-O DATA USB2.0/1.1接続 外付ポータブルハードディスク「カクうす」ビターブラウン 500GB HDPC-AU500BRB 【旧モデル

 

トラスコ中山(TRUSCO) 45°両口めがねレンチセット (8本組) TRM-8S

 

【納期目安:2週間】CMLF-1325650 アルナ アルミフレーム デッサン額 HVM デッサン三三 宗達・787 (CMLF1325650)

A01477 ワイドダブル ベッド用品4点セット 寝具 ボックスシーツ 枕カバー掛け布団カバー ベッドカバー 別サイズあり .

マンゴーは、他の植物と比べると成長のスピードが早い方ですが、たった2年で、ここまで大きく成長していることが、手に取るようにわかりますよね。

このように、成長の様子を見返すことにより、樹の成長が嬉しくて栽培への力となりますし、今後、幼木を育てる時に、後何年でどのくらい成長するのか?という目安にもなります。

(まとめ)三甲(サンコー) 全面網目コンテナボックス/サンテナー スタッキング可 全面ベタ B17FC (BB) ブルー(青) 〔×10セット〕〔代引不可〕もしも

【ギフ_包装】 DAIKEN RSバイザー RS-D型 D700×W2500 アルミ+ポリカ製 (ステー無) オーニング、シェード

続いては、マンゴーが1ヶ月でどのくらい変化するのかを見比べてみたいと思います。

成長の違いがよくわかる、開花前と開花時の1ヶ月間の違いの写真です。

 

2015年(平成27年)3月中旬頃の様子

 

2015年(平成27年)4月中旬頃の様子

TP-LINK 5ポート 2.5G デスクトップスイッチ TL-SG105-M2(UN)トップセラー

開花前と開花後の写真なので、全く違うのは、当り前のことなのですが、樹の成長というのは、1ヶ月でここまで違うものです。

写真をみていて、「もう少しで開花だ!」と凄く楽しみになってくる材料となってきますし、数年間このように記録として残しておけば、現在の成長の様子に心配がおきたときなどは、過去の写真を見返せば、参考資料として使えます。

そういった観点からも、私は、植物を栽培する際は、1ヶ月に1度くらいの頻度で、成長の様子を撮影しておくことを、おススメします。

【ギフ_包装】 DAIKEN RSバイザー RS-D型 D700×W2500 アルミ+ポリカ製 (ステー無) オーニング、シェード

これは、最初のうちは、A4用紙に3枚ずつプリントしていましたが、現在は、プリントアウトはせずに、パソコンやスマホから見返すことができるようにしています。

用紙にプリントアウトすると、その資料が手元にないときは、見返すことができませんし、用紙の量も膨大となってきます。

何よりデータとして閲覧するようにすれば、細部を拡大して見たいときに便利ですからね。私は、データとして閲覧する方が断然有利だと考えます。

現在は、成長の記録として「Flickr(フリッカー)」と「Lightroom(ライトルーム)」に毎月のアルバムを残しています。

こちらが「Flickr(フリッカー)」のアルバムのスクリーンショットです。

1級遮光 遮熱 遮音 ドレープカーテン/遮光カーテン 〔幅150cm×丈180cm 1枚入り イエローグリーン〕 洗える 無地 形状記憶 日本製[直送品]

 

そして、「Lightroom(ライトルーム)」での管理画面です。

私が主力として育てているのが「66本」のマンゴーですので、1月のアルバムに66枚ずつの写真が格納されていることがわかりますよね。

このように、写真管理をするようにしていますよ。

この写真による栽培記録ですが、可能な限り同じ位置から同じアングルで撮影するようにした方が、あとから見返す際に有利となりますので、自分の中で、アングルの目安などを決めておくと良いでしょうね。

植物の栽培において、大切なのは、失敗を繰り返さないということと、過去の記録から、どのように栽培管理の計画をたてていくか?というところにあると思います。

こういった写真の記録は、今後の栽培計画にも大変役立ちますし、私がおススメする管理方法の1つとなっていますよ。

私は、こちらの写真の記録以外にも「EverNote(エバーノート)」に1日ごとの温度の変化や作業内容を記録した栽培日誌もつけています。

こちらの「EverNote(エバーノート)」を用いた栽培日誌についても後日紹介したいと思いますよ。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~


 

 

【ギフ_包装】 DAIKEN RSバイザー RS-D型 D700×W2500 アルミ+ポリカ製 (ステー無) オーニング、シェード

i